女子大生のセフレゲットのために必要なことまとめ

まずは行動を起こす

セフレサイトを利用している人には、サイトに登録したならあとは女性からのアプローチを待つだけと思っている人もいるようです。
中には、登録するとすぐにセフレができると思い込んでいる人もいるといいます。
そんな人たちにここではっきり言っておきましょう、「いくら待っていてもセフレはできませんよ」と。
セフレを作るためには、自分から積極的に行動する必要があるのです。

諦めない精神

では、どんな行動をとればいいのか?

まず、登録してプロフィールをしっかり作成したならすぐにセフレ候補を探してアプローチをしましょう。
セフレサイトを利用している人の男女比は、ほとんどのサイトで8:2で男性のほうが格段に多いのです。

この状況は、女性は自分から何も行動を起こさなくても男性からどんどんアプローチがあるということです。
つまり女性は自分から動くことはない、したがって男性が行動しないと何も起こらないということなのです。
男性が積極的に行動してアプローチしても、必ずしもうまくいくという保証はありません。

いくらメールを送ってもまったく返事が貰えないという事態も十分あり得ます。
でもそれがセフレサイトと我慢しましょう。
決して諦めずにアプローチを続けることで、いつか努力も報われるはずです。
努力の結果返事が貰えてもそこは単にスタート地点に立てただけ、本番はこれからです。

まずは仲の良い関係の構築に努めるべきです。
とりあえずメールのやり取りをして、徐々にそういった関係へと持っていくのです。
決してすぐに「セフレになってください」などと言ってはいけませんよ。

真面目さと安全さをアピール

どの女性も出会い系サイトを利用する際は危ない男とは出会いたくありません。
真面目そう(安全に出会えそう)という視点でプロフチェックをし、アプローチし、いくらか会話をして出会いに値するか確認しています。
とはいってもカタブツ君もNG。少しのファニーがあるとより良いです。

「一人暮らし&エッチ好き」を探る

はい、コレ大事です。
行動がゆるい一人暮らし、または、エッチな話題が好きならセフレとして素質100%です。
出会ってやっちゃいましょうw

※援交目的の女子高生からのエッチしようアピールに要注意