バイナリーオプションとは?

注目のバイナリーオプションについて
パソコンやスマートフォンなどのデバイスからインターネットを繋いでおこなうことの出来る利益の上がりやすい副業ということで、バイナリーオプションというビジネスが注目されています。誰でもパソコンがあれば始めることが出来ますので、若い年齢層からご高齢の方まで制限なく、副業や本業を問わずに開始されているのが特徴です。
FXよりも予測や操作がシンプルで分かりやすく、取り組み始めて1ヶ月も経たないうちにコツを掴むことが出来ますし、本業を終えた後のアルバイトよりも利益率が高く、時給に換算しても利益をあげた場合は破格の収入となりますので、注目されているネットビジネスの1つと言えるでしょう。結果が出るのも早く、少ないお金から始めることができるので初期費用も1000円程度から1万円もあれば十分開始できます。
バイナリーオプションの仕組みを解説
気になるバイナリーオプションとは何なのか?ということについて説明をさせて頂きます。まずバイナリーオプションは投資方法の1つで、為替金融商品の1種となっています。具体的な投資方法についてですが、例を挙げさせて頂きますとトランプのハイ・アンド・ローというゲームをご存知でしょうか。数字の6が出た場合に、次にカードをめくって出てくる数字が6よりも大きいか小さいかを予想して楽しむゲームとなっていて、バイナリーオプションはカードゲームのハイ・アンド・ローが通貨に変わった投資の1つと大まかに考えることが、デモトレードを体験した時などにもコツを掴みやすいと言えるでしょう。
バイナリーオプションで例を挙げさせて頂くと、12時に円の相場が105円となっていた場合に12時半になった時点で相場が105円よりも106円など価格が上がっていてハイと予想するか、ローとなっていて104円など下がっているかどうかを選択するという仕組みになっています。投資方法としてはハイかローを選択して、お金を1000円や1万円などを投資します。当たれば基本的に1.7倍といった数字が利益となって口座から出金できるようになっています。
ギャンブルとの類似点
いま話題になっている投資のバイナリーオプションですが、適当にハイを選択してもローを選択しても当たってしまう確率があることは予想できるかと思いますが、選択の手軽さ故にギャンブル感覚でお金を使ってしまいがちという危険性もあります。バイナリーオプションを利用して副業として稼げるイメージから興味を持たれた方は、ビジネスとしての意識や相場の流れを読んで投資する考えを持つことが大切ではないでしょうか。スロットやパチンコ、競馬なども直感で当たることがありますが本職として生活費を稼げるようになっている人は分析や予測を怠ってはいないですし、仕事といった意識がありますので、儲かることが出来ていますよね。
バイナリーオプションは副業でも本業でも、大きく儲かる可能性の高いビジネスモデルですし、相場の流れをチャートなどの画面から予測できるようになったり、レジスタンスラインやサポートラインを引くことを覚えて攻略法を学ぶことで稼げる可能性も大きく上がってきます。こういった点からギャンブルとは違い、分析をしてしっかり予測できれば収入となります。バイナリーオプションは直感や勘を頼りに勝ち続けることは難しいですが、基本的な投資方法や知識を深めることで勝率が上がっていきます。まずは知識を深めることやデモトレードで感覚を掴むことが大切と言えます。
FXとの違いは?
バイナリーオプションはFXとは違って、値動きによって利益や損失が生じるということがなく、レバレッジもないので追証が無いことが魅力になっていて損失がかさむと口座に入れている金額以上のお金が必要になり借金となって破産するということもありません。よく投資をしていて自己破産を申請したとういう話を聞くことがあると思いますが、バイナリーオプションは自分が投資できる範囲内の金額でお金を口座に振り込む形になります。また、投資金額にも上限があるということや入金しているお金以上にマイナスになることはありません。最低でも数万円から数十万円が証拠金として必要になることもありますが、バイナリーオプションは業者によりますが500円からや1000円からでも始められます。
業者について
バイナリーオプションは国内業者と海外業者の2つでサービスが提供されています。国内では規制が厳しくなって、取り引き回数が少なくなっており利益も少ないという点から専業トレーダーは海外のバイナリーオプションサービスを利用しています。取引の種類も海外口座は色々とあり、メジャーとなっているハイ・アンド・ローの他にスプレッドハイ・ローやレンジハイ・ロー、ワンタッチオプションなど魅力的なトレードがあります。
以上の点からシンプルな投資で稼げる副業になるメリットがあります。興味のある方はデモトレードから始めてみましょう。